ワイハイ・WiFi・ワイファイの入門講座

ワイハイとは?

ワイハイ(Wi-Fi)とは、無線でインターネットに接続する技術のことです。今は家電などもワイハイ(Wi-Fi)接続が出来て、スマホから外出中にも電源OnOffや、タイマー設定などが出来るように設計され始めていますね。また、外ではWiMAXやイーモバイルLTE(ワイモバイル)などのポケットワイハイ(Wi-Fi)ルーターを持ち歩き、どこにいても、いつでもインターネットが使えるようになりました。

 

ワイハイ(Wi-Fi)のメリット

ワイハイ(Wi-Fi)は、無線通信なので、ノートPCやゲーム機、スマホなどをそのワイハイ(Wi-Fi)が届くところに持って行くだけで、インターネットにつなぐこと可能になります。邪魔なLANケーブルなどが必要ないため、移動中もワイハイのエリア内にいれば、快適インターネット環境が構築でき、仕事のメールなども受信、送信が可能です。

 

 

どうやるとワイハイが使えるの?

自分のワイハイをもつには、プロバイダとの契約をするだけ、最近では、ルーターと呼ばれる通信機器が無料でもらえるので、契約後に送られてくるルータの電源を入れて、ワイハイとつなげたいノートPCやタブレット、ゲーム機にルータの裏に書いてあるIDとパスワードを入れるだけ!超簡単ですよね!
おすすめのプロバイダはとくとくBB。キャッシュバックがとても多くて人気です。



GMOとくとくBB ワイハイ公式サイトはこちら

 

 

無線LANとワイハイ(Wi-Fi)の違い

ワイハイ入門講座 ワイハイ・WiFi・ワイファイ

無線LANとは、親機と子機を無線でつなぐ技術のこと。一般家庭や職場で考えると、親機は、無線LANルーターのことを指し、子機はノートPCのことを指しています。

「無線LAN」と「ワイハイ(Wi-Fi)」は、同じ意味と勘違いしている方もいるかと思いますが、半分当たりで半分はずれです。
その違いは、元々無線LANの技術が出来た頃は、違うメーカー同士の無線技術が違うため、通信ができない場合がありました。無線LAN接続で、どのメーカーとの通信が上手くいくのか分かりづらい、それを解消するために、ワイハイ(Wi-Fi)という通信規格が生まれました。
ワイハイ(Wi-Fi)は、Wi-Fi Allianceというところが主体となって、その製品が無線LANのIEEE802.11の規格に接続できるかどうかをテストを行い、接続可能な製品に対してワイハイ(Wi-Fi)というブランド名を付けてもいいことを決定しました。そして、ワイハイ(Wi-Fi)が生まれました。

 

ワイハイ(Wi-Fi)を有効活用する方法

ワイハイが家庭にあれば、家中のLAN配線を取り除くことが可能になったり、スマホを使っている家庭であれば、家の中ではスマホをワイハイ接続するだけで、通信量の節約も可能になります。

 

ワイハイ(Wi-Fi)のデメリット

ワイハイ入門講座 ワイハイ・WiFi・ワイファイ

無線を飛ばして、無線を受け取るワイハイ(Wi-Fi)は、セキュリティをかけておくことが大前提です。セキュリティを掛けない場合、家の玄関のカギを掛けないで生活しているのと同じことになり、誰でも入ってくる事が可能になってしまい、データー漏洩など思わぬ危険を伴うことがあります。現在発売されているWiMAXや無線LANルーターは、ほとんどの場合、初期状態でセキュリティが掛かっているので初心者でも安心して使う事ができます。

 

外でワイハイを使う方法

今は外や旅行先などでワイハイ(Wi-Fi)を使うことも可能です。たとえば外でインターネットがしたい、ちょっと地図を調べたいとき、旅先の情報を仕入れたいなどの場合便利ですよね!その方法は、WIMAXや、ワイモバイル(昔はイーモバイルLTE)のデータ通信端末を持つこと。このワイハイ(Wi-Fi)データ端末を一台持っているだけで、同時に約10台の端末(子機)をインターネットにつなげることが可能になります。
外でインターネット をする方法 WiMAX、イーモバイルLTE、テザリング

 

たとえば、ノートPCとワイハイ(Wi-Fi)データ端末を旅行カバンに入れておくことでどこでもSNSに写真をアップしたり、出張中にインターネットで調べ物をしたり、一週間くらい急に病院に入院することになった時にもインターネットが使え非常に便利です。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加